「雷が落ち同僚が倒れた」北海道のキャンプ場で「落雷」作業員の男性が一時重体…雨と雷が強まり片付け中 (21/06/15 19:30)

6月15日午後、北海道上川町のキャンプ場で落雷があり、近くにいた作業員の男性が一時意識不明の重体となりました。

 北海道内は15日、大気の状態が不安定で、上川町には雷注意報が出されていました。

 落雷があったのは上川町の層雲峡オートキャンプ場です。

 15日午後1時20分ごろ、近くで物置の建築作業をしていた男性から「雷が落ちて同僚の井上幸夫さん(61)が倒れている」と消防に通報がありました。

 井上さんはドクターヘリで病院に搬送され一時意識不明の重体となりました。

 当時キャンプ場は休業中で客はおらず、井上さんは物置の鉄筋の溶接作業をしていました。

 雨と雷が強まったため片づけをしていたところ、近くの木に雷が落ち、井上さんが倒れたとみられています。